安心して任せられる会社を選びましょう

経験豊富な健全な会社

賃貸経営の管理に力を入れていて、管理戸数が多く経験がある会社の方が安心できます。
財務面でも財務諸表を見せてもらって健全な経営であることを確認しましょう。
家賃入金が遅延する場合は経営危機に陥っている可能性があります。
倒産すれば家賃の回収も困難なうえに、敷金なども戻ってこないかもしれません。
また、会社や営業所などの雰囲気も大切です。
担当者や管理者が責任をもって対応してくれているか、迅速な対応が出来ているでしょうか。
オーナーの代わりに入居者に直接接していきますので、丁寧な対応をしてもらわなければなりません。
宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・マンション管理士・管理業務主任者などの資格をもっている社員が多ければ、いろいろな相談が出来そうです。
実際に管理を任せているオーナーの方にお話を聞ければ参考にしてみましょう。

空き室対策について

空き室を常に意識してもらえるのでしょうか?
不動産管理会社の入居率が80%以上なら、管理物件を把握しているのでは、ないでしょうか。
空き室対策は重要です。
最近は部屋探しをインターネットで探す人が増えています。
早めに不動産仲介サイトなどで募集情報を掲載して対応して欲しいですよね。
また、その会社に地域の情報はありますか?
地域のネットワークが広ければ、ほかの不動産会社からの紹介も受けやすく、賃貸物件や立地環境などの情報に詳しいことも集客につながります。
大手の不動産管理会社より少し小さくても地域密着型の会社の方が世の中の情勢にもその土地にあった方法で臨機応変に対応できることもあります。
また満室にするための家賃や敷金などの見直しなど周辺物件に詳しい方が相談しやすいですよね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る