不動産管理会社の役割

一般管理契約について

一般媒介は、物件の管理はオーナー自身が行い、入居者の募集のみ複数の不動産会社に依頼します。
専任媒介は、1つの不動産会社にのみ入居者の募集を依頼します。
1つの不動産会社に任せるので信頼関係も築くことができ、親身になって相談してもらえます。
部屋数が少なくオーナー自身で対応が可能ならば管理契約は有料ですのでお得かもしれません。
そして集金管理専任媒介は、不動産管理会社に入居者の募集と家賃の管理や共用部分の保守清掃など建物の管理を代行してもらえます。
この場合、家賃や礼金敷金などの条件などの賃貸契約の内容はオーナーが決めることが出来ます。
ある程度収益を見込んだ家賃の設定ができますが、空室になった場合に不動産管理会社の広告の費用などコストが必要な場合があります。

サブリース契約について

サブリース契約とは、不動産管理会社が家賃を一定期間保証するという方法です。
家賃の85~90%が保証され、入居時の敷金や保証金・礼金などは管理会社が受け取ります。
入居者との契約も、管理会社と直接契約を行ない、募集や管理もしてもらえますので、オーナー自身の手間や時間をさくことがありません。
リスクが大きいので、物件の審査もあり全ての不動産管理会社が行っているわけではありません。
しかし、家賃設定はできませんので、一般管理委託契約に比べて収益は低くなる可能性はあります。
また、家賃は世の中の状況や建物の劣化などによって減額や中途解約などが求められる可能性がありますので、契約内容をよく確認する必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る